社会保険労務士を目指そう

社会保険労務士の受験資格を高卒でも獲得する方法

とても肝心な部分となりますが、社会保険労務士の資格を入手するための試験には、受験可能である方と受験出来ない方がいることを知っているしょうか?!

 

試験を受けるには、受験資格に該当していることが必須であるということです。
これから社会保険労務士を目標にしようとしている方は、ご当人に試験を受ける受験資格の条件を満たしているか、しっかりと確かめてみることをお薦めします。

 

社会保険労務士の受験資格には、大学を卒業しているか、もしくは高卒の方(最終学歴が高等学校を卒業の方)でも特定の条件がないと受験資格を得ることができないのです。今回は、高卒の方でも受験資格を取得するための方法をご案内していきます。

 

社会保険労務士の受験資格を高卒でも獲得する方法は2つ

それでは高卒の方でも社会保険労務士の受験資格を獲得する方法について、紹介していきます。その方法は大きく2つあり得ます。どちらも楽にできることではないですが、一致することで社会保険労務士の受験資格を得ることは可能です。

 

まずは期間は求められることになるのですが、確実性の高い方法から案内していきます。

 

社会保険労務士事務所、あるいは所定の職種での事務作業経験

 

実際の職務経験を積むことにより、受験資格を獲得する方法です。
わかりやすく伝えますと、社会保険労務士事務所でアルバイトとして就労することです。勤務期間が3年あれば、受験資格を獲得することができます。

 

一見するとものすごく時間が掛かり回り道をしている印象を受けていますが、大学卒の方でも社会保険労務士事務所にアルバイトとして勤務をしつつ資格の学習をする方が、多くいます。それも1年で合格出来ない時はもあるので、それを考えると高卒の方でも実務経験を積みながら学習をしていき、3年目で受験することは、とても良い流れだと思われます。

 

また社会保険労務士事務所以外にも弁護士や市役所・日本郵政公社の事務職に3年以上従事する方なら受験資格を得ることが出来ます。試験の事を考えると社会保険労務士事務所でアルバイトをする方が、合理的ですよね。

 

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法(職務経験の観点)
社会保険労務士事務所でアルバイトなどで現場経験を積む(勤務期間は3年必要)
弁護士や市役所・日本郵政公社の事務職に携わっている方(3年以上従事していること)

 

どちらの実務経験を証明することが必要となってくるので、しっかりと勤務先に確認をとっておきましょう。

 

厚生労働大臣が指定した国家資格を保持している

次に厚生労働大臣が指定した特定の国家資格を保有していると受験資格を得ることが可能です。特定の資格については下記のリンク先にてお確かめください。

 

http://www.sharosi-siken.or.jp/pdf/03/03_03_kokkasiken.pdf
※変更されている場合があるのでご注意ください。

 

 

ただしどちらの資格も取得するには、相当の難易度が高い資格となります。
社会保険労務士の資格を取得するのとほぼ同じかそれ以上の難易度にもなり兼ねませんので、この方法は利口とは言えません。リンク先を確認して落ち込んだ方もいらっしゃることでしょうが、ご安心下さいね!!

 

あくまで指定の資格を所持していれば、使用することができると理解していただければと思います。

 

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法のまとめ

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法について、ご説明してきましたが如何でしたでしょうか。

 

高卒の方でも受験資格を取得する方法について、分かって頂けただろうと考えます。
個人の日常生活にも影響される状況ですが、結局のところ社会保険労務士になるのですから、社会保険労務士事務所でアルバイトとして、きちんと経験を積んでいき勤めるのが一番の最善策ではないかと私は考えてます。

 

これから社会保険労務士になろうと考え中の方に、高い合格実績の社会保険労務士の通信講座がありますので、下記ページに記載しておきますね。

 

社会保険労務士講座はコチラ

このページの先頭へ戻る